仲介手数料が必要な時

家を売る為に、不動産会社を媒介とすることで、売買契約が成立した場合には、仲介手数料が必要となります。逆に言えば、不動産会社がどれだけ尽力しても、売買契約が締結できない場合には、仲介手数料が発生しないということになります。つまり、仲介手数料が発生する条件として、「媒介契約の成立」が必要になってくるということになります。
 

仲介手数料が発生する条件

お財布家の売り主と家の買い主が不動産売買の資格を持つプロとして不動産会社に間に入ってもらって家の売買を行う場合には、その媒介行為の結果によって契約が成立することになるため仲介手数料が発生し、不動産会社の利益となります。
不動産会社ではない人を仲介役にした場合には、厳密に言えば仲介手数料を請求することはできません。
媒介役として不動産会社を選ぶ際には、広告やホームページ、事前問合せ等をして、まずは取引形態の開示を求めるか、きちんと確認をしておく必要があります。

仲介手数料の最高限度額には決まりがありますが、あくまで上限額ですので、必ず支払わなければいけない額ではありません。
その支払いは、売買契約の締結時に全額ではなく、一般的には半金を支払い、後に決められた決済時に残額の半金を支払うというケースが多いようです。